オイラは長距離デリバリー

6月 22, 2016

WiMAXサービスを運営しているプロバイダの間において

Filed under: IT — タグ: — @ 3:12 pm

電機屋で、光回線の利用を始めないかと店員に声掛けをされました。私はWiMAXを使っていますので、当然、光回線は不要です。
ですので、店員に対して不要と言う気持ちを伝えると、考えてなかった返事を貰いました。
WiMAXって、雨風に影響されるでしょう?しかし、私の今までのWiMAX経験からすれば、天気悪化でWiMAXが使えないと言う経験はいまだかつてありません。
大雨が降って停電になった日もありましたが、WiMAXへの何かしらの影響はありませんでした。WiMAXと契約を申し込む時、色々なキャンペーン特典を獲得出来ます。

中でもお勧めなのは、公衆無線LANサービスです。UQ WiMAXだとUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。どのプロバイダと契約をしても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスになります。
WiMAXサービスを運営しているプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開しており、そのラインナップの多さも評判な理由です。

ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな要因は、業界最高額のキャッシュバック特典にあります。
それに合わせ、保証内容もしっかりしていて、そう言った点が評判を支える大きな部分となっているのです。
それぞれのWiMAX端末にはクレードルと言う充電台が別売りで売られてて、価格としては大体3000円前後します。このクレードルの必要性が気になる方もいるかと思われますが、実際なくてもWiMAXを利用する事が出来ます。(UQ WiMAXのキャンペーン特典で、お得にサービスを利用から)
とは言っても、クレードルがある事でイーサーネットポートを使用する事が可能ですから、LANケーブルを使用したAPモードやルータモードが使用する事が可能になります。その他にも、いつもWiMAX端末をフル充電の状態で維持する事が出来ますので、いつも外に持ち運ぶ事が可能になります。

 

WiMAXに関して調べていると、様々な事が言われています。どういうものがあるのかと言うと、全然実用レベルではないだとか、そう言うネガティブな書き込みもあります。
ですけども、WiMAXの通信環境は日々改善されています。

従って、今と口コミの内容が合致しない場合も往々にしてあります。
WiMAXに関する口コミを読む際は、いつ投稿されたかまで確認した方が良いでしょう。
WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になってて、期間内に解約をしてしまうと契約解除料を取られてしまいます。それほど長い契約期間になっていますので、しっかりとしたところと契約をしたい所です。結構見落とされがちな部分が、各申し込み先のサポートセンターの応対です。電話対応が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無いプロバイダも少なくないですから、きちんと考慮してから契約を行いたいものです。WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間でも、ちょっと変わっているのは3WiMAXと言うプロバイダです。

 

WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAXの系列のものが大半なのですが、3WiMAXはKDDI系統のWiMAXサービスを提供しています。そう言う訳で、3WiMAXでは提供されているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全く違います。
具体例としては、3波を使用するキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダでは提供されていません。WiMAX通信に対応した端末は、年々新しいものが発売されています。それぞれによって性能が違い、快適さも異なります。その中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売です。このWiMAX機器はau 4G LTEに対応し、以前はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。
WiMAX通信を行なう機器は、どんどん高性能化されています。

 

例えば、通信速度の向上が目立ち、現在、220Mbpsもの下り最大通信速度が出ます。しかし、最近になって通信速度よりも、通信を行った量の方に注目が集まる傾向が見て取れます。新型WiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。

 

なぜならば、回線の混雑を避ける為に設けられた速度制限、この適用が厳しくなって反発するユーザーが続出したのです。
なので、製造会社や使用者としては、一番気になる関心事がここにスライドしたのです。So-net モバイル WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なうメリットですが、セキュリティサービスがメリットの一つとして挙げられます。
と言うのも、So-netのインターネットサービスはWiMAXだけに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う点が人気なのです。
申し込み後に付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事で、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSに対応していて、最大で5台の機器までインストールする事が可能です。
カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティを機器内にインストールする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの様々な危険に対処する事が出来る点が、とてもありがたいキャンペーン特典と言えます。BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なうと、二種類あるキャッシュバック特典から任意のキャッシュバックキャンペーンを選択する事が出来ます。

一つ目が契約13ヵ月目に貰える現金キャッシュバックで、もう一方が24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。Gポイントの方が受け取れる金額が若干多く、早い段階から受け取れるのに合わせて、受取り損ねてしまうリスクも現金キャッシュバックより低いです。GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+サービスの月額料金の支払いに利用出来ますし、SuicaポイントやWAONポイントや航空マイルなどの約140社のポイントに変換出来ます。URoad-StickはUSBサイズの軽量かつコンパクトなWiMAX端末でして、持ち運びが楽で利便性が高いです。URoad-StickをUSBポートに接続する事により、そこから電気をまかないながら使用する事が出来ます。ややこしいセットアップも不要で使えますから、そんな手軽さが人気のWiMAX端末となっています。
使用可能な通信回線はWiMAXやWiMAX 2+で、下り最大通信速度としては110Mbps出す事が可能です。

WiMAXのサービスを取り扱うプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。このプロバイダが運営するWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。

 

このセキュリティサービスですが、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。

月額500円のサービスですから、金額的に6000円分のお得感があると言えるでしょう。
Broad WiMAXは株式会社LinkLifeが管理するWiMAXサービスで、特に月額最安プランが特徴的です。
月額最安プランと言う料金プランの特性としては、月額料金が安い分初期費用が必要となる部分にあります。とは言っても、一定の条件を満たす事で初期費用が無料になるWeb割と言うキャンペーンが行われていますから、結局のところ初期費用は支払う必要がありません。その他、好きな時に他のインターネットサービスへ乗り換える事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最短で契約したその日中に発送されると言った部分もBroad WiMAXの特徴となっています。

WiMAX端末の機種においては、au 4G LTEと言うauの提供する通信回線に対応しているものもあります。

au 4G LTEは人口カバー率が99%と言う通信回線で、広大なエリアで利用出来ます。
それに、800MHzのプラチナバンドを使用していますから、奥まった場所にまで電波が届きます。
その代わり、一度でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が掛けられます。WiMAXのサービスを導入した事により、私の生活は変わりました。

 

一番大きかったのが、スマートフォン通信で7G制限を気にする必要がなくなりました。
Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマートフォンの通信量は浪費しなくなったのです。
そんな事で、スマートフォンサイトにムービーが設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX端末です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載し、従来のWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回り広いエリアでの通信を行えます。更に、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いな訳です。
Speed USB STICK U01はUSBサイズの小型なWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な部分が特徴のWiMAX端末です。

その秘密は2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて使用する事で、今までの二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。他にも、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますから、人口カバー率99%と言う広い通信エリアに対応する事が出来ます。
Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に内蔵してませんので、USBポートから給電しつつ使用するタイプのWiMAX端末となります。

今のネット業界の動向を見ていると、モバイルへの移行が進んでいる傾向が見て取れます。

固定回線は使用場所が限定的なのに対して、利便性が格段に上がります。とは言えどもモバイルですから、不安定なんじゃないかと言う部分があります。

 

ただ、昨今のモバイルの状況は進んでいますから、通信状況は安定しています。

そう言う事から、モバイルだからと、調子は悪く無いです。近年のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末もラインナップしています。
au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用し、日本の人口カバー率99%を超える、とても受信しやすい通信回線なのです。800MHzと言う低周波数を使用したプラチナバンドなので、物質があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった位置まで電波が行き渡りやすいです。従来のau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡がっています。周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、そんなにハードなものではありません。ギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がありません。また、混雑回避の為の速度制限も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。
速度制限時であっても、動画を観る事が可能な通信速度はキープされます。
WiMAXサービスの中でも、一番サポート関連が充実しているのはUQ WiMAXで間違いありません。
WiMAXサービスに対して情報を最も把握していますし、トラブルが起きた際のフォローも最も迅速かつ的確で、サポート対応時間も一番長いです。しかしながら、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容がイマイチなので、代理店に申し込みを行なうと言う方法もあります。代理店だとキャンペーン特典がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが可能です。

モバイルルーターを使ったインターネットサービスは、WiMAXの他にも様々なサービスがあります。具体例を出すと、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEが存在します。
速度制限が無いサービスではありますけれども、最大通信速度が3Mbpsほどしか出ないのです。この通信速度は、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。そう考えると、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比較すれば、常時速度制限が掛かっている状態とも言えます。WiMAXサービスの提供元は、auの子会社になるUQコミュニケーションズです。そんな訳で、auと連携したサービスが複数あります。その中で特徴的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスでしょう。

WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auの月額料金が安くなるサービスとなります。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、現在は対応エリアが広がっています。

更に、au 4G LTEと言う機能はHWD15から踏襲し、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応してて、充電しつつのインターネットにも対応してます。
nifty WiMAXでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。キャンペーンに対応するWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が出来るようになります。
WiMAX端末を所持してなくても使用する事が可能ですし、帯域制限も気にしなくて良いですから、とても評判のあるインターネットサービスとなっています。WiMAXを契約すれば、その機能性の高さにビックリさせられます。
私が思ったのが、通信制限が厳し過ぎないと言う部分です。
私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なんですが、帯域制限のせいでイライラする事が無くなりました。

UQ WiMAXにも速度制限はありますが、ギガ放題プランであれば気になるレベルでは無くなるのです。
WiMAX端末は通常価格が20000円しますし、クレードルのセット販売で22750円もします。
結構な値段となりますので、WiMAX契約の際の負担となってしまいます。

そう言う訳で、各プロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています。

 

プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますので、そんなプロバイダを選べば良いです。

Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。その理由として、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリーの消費が激しかったからなのです。そう言う理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく導入されました。また、三日間の総通信量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対策がしやすくなりました。UQ WiMAXのサービスには様々な契約プランがありますが、25ヵ月間の契約プランが基本です。

と言うのも、25ヵ月間継続の契約を結ぶ事で、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

 

また、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適応になるので、結局のところ、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。

500円と聞くとそんなに高額な金額ではありませんけど、値引きは毎月の事ですので、お得感はどんどん積もり積もって大きくなります。

Powered by WordPress