オイラは長距離デリバリー

6月 13, 2016

Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますから

Filed under: IT — タグ: — @ 1:46 pm

UQ WiMAXを入手すると、WiMAX機器しか使わないので、室内がすっきりします。光回線だと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要があります。モデムには毎月レンタル料金が掛かり、月々の料金に追加課金されます。

加えて、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますけど、無線カードを使用する月はレンタル料を取られてしまいます。UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますが、25ヵ月間に渡る契約が一般的です。その理由ですが、25ヵ月間継続の契約を行なう事で、25ヵ月間の月額使用料が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

また、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、その結果、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。500円と聞くと大した金額ではありませんが、値引きが適用されるのは毎月の事ですから、リーズナブル感は積もり積もって大きくなります。
Speed USB STICK U01はUSBサイズの小型なWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。その秘密ですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて使用する事によって、今までの二倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。(WiMAX 2+対応の新製品W02とWX02、選ぶ判断基準はどこに?参照)
また、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますから、人口カバー率99%と言う広い通信エリアを利用する事が出来ます。Speed USB STICK U01はバッテリーを内蔵していませんから、USBポートから給電しながら使用するタイプのWiMAX端末となります。WiMAXを利用する時、注意する速度制限は二つあります。

先ずは、月間データ量による速度制限、一般的に言われている7G制限と呼ばれているものがあります。
続いて、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものがあります。
ギガ放題プランへ申し込む事で、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除になります。
だけど、混雑回避の為の速度制限に対しては適用になります。WiMAXサービスを導入した事により、私の生活は一変しました。最も変化が大きかったのが、スマホで7G制限を気にする必要がなくなりました。

Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマホの通信量は浪費しなくなった訳です。
なので、スマートフォンサイトに動画が設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。WiMAXの機器の中においては、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応している機種もあります。au 4G LTEは人口対応率99%と言う通信回線で、広いエリアで利用出来ます。
また、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますから、奥まった場所まで電波が届きます。

その一方で、一回でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が適用されます。WiMAX機器は、常に進化を続けています。
何より、通信速度の改良が目立ち、今のところ、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特長となっています。

 

しかし、最近になって通信の速さより、通信量の表示機能に対して注力されているようです。

 

新型WiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。
なぜなら、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限、この適用が運用されるようになったからです。なので、製造会社や使用者としては、新製品に搭載する機能も変わって来たのです。
UQ WiMAXサービスを契約すると、その機能性の良さにビックリさせられます。

自分が契約後に思ったのが、帯域制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。

 

私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、速度制限でイライラする事が無くなりました。
UQ WiMAXにも通信制限はありますけれど、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルでは無くなるのです。月額料金が安価なWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダがございます。驚くほど月額料金が安いプロバイダですので、色々と制約を付けない中であれば、業界で最も安いWiMAXのプロバイダであると言えます。

ただし、auスマートバリューmineに対応していませんので、auのスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。更に、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までしか対応していませんので、そう言う点においても注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。モバイルタイプのインターネットサービスは、WiMAX以外にも色々なサービスが存在します。
一つの例として、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEが存在します。確かに、ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、3Mbps程度しか出ない点が難点ではあります。この通信速度、速度制限の掛かったWiMAXよりも遅くなります。つまり、速度制限が無いとは言っても、WiMAXと比べると、速度制限がずっと続くようなものです。今のネット業界の動向を見ていると、モバイルインターネットサービスのラインナップがどんどん増えています。固定回線は使用場所が限定的なのに対して、非常に使い勝手が良いインターネットサービスと言えるのでは無いでしょうか?使い勝手とは反対に、モバイルはどれだけ通信が安定するのか気になって来るところではあります。

とは言え、モバイルの整備は目まぐるしく進んでいますから、通信状況は良くなっています。

って事ですから、モバイルは無線だからと言ってもバカには出来ません。
WiMAXサービスと契約を行う際、様々なキャンペーンサービスが付いています。

 

特に便利なのは、公衆無線LANサービスです。UQ WiMAXならUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。
どのプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、沢山のWi-Fiスポットと提携しているサービスです。UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX端末として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点がウリのWiMAX端末です。これだけ速い通信速度を出す事が出来る秘密は、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。

この3波キャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を同時利用する事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を達成出来ている訳なのです。だけど、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っている店舗には限度がある為、利用出来るキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をしてしまうと契約解除料を取られてしまいます。それほど長い契約期間になっていますので、きちんとしたところと契約を行いたい所です。
意外と見落とされがちなのが、それぞれの契約先のカスタマーサービスの応対です。

 

電話対応が休日は非対応だったり、フリーダイヤルじゃ無いプロバイダもありますから、きちんと判断してから契約を行いたいものです。WiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末もラインナップしています。
au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線で、人口カバー率が99%を超えると言う、かなり繋がりやすい通信回線なのです。

800MHzと言った低周波数を使うプラチナバンドで、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりするので、奥まった位置まで電波が届きやすいです。今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応しているエリアとか、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大して来ています。
現在、WiMAXサービスのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが登場しています。
例として挙げると、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を用意しています。
また、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を導入してます。どの保証制度にしても、契約解除料を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。
WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中には、完全独自のキャンペーン特典が用意されているとこもあります。例えば、DTI WiMAX 2+ってプロバイダのケースだと、DTI Club Offと言うDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。

DTI Club Offとは、日本全国にある旅館やレジャー施設、その上、スポーツクラブや温泉施設、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別優待価格で利用する事が出来ます。展覧会やミュージカルのチケット、美術館やカラオケなど、書ききれないくらい対象となるサービスはバラエティー豊かですから、さまざまな人にお得感を感じて貰う事が出来ます。

WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダには、通常は3種類のプランがあります。

28000円の高額な現金キャッシュバックが受け取れる通常プランとか、月額料金が低価格な通常プランとなる月額割引プラン。他にも、ギガ放題プランを2年間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。たまに、もっと月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、こちらはいつもある料金プランと言う訳ではありません。
WiMAXと言うモバイルサービスの提供元となるのは、auの子会社のUQコミュニケーションズなのです。
ですから、auと連携したサービスがいくつかあります。そんな中で代表的なものが、auスマートバリューmineなんです。
WiMAXの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auの料金が安くなるサービスです。
WiMAX機器のサイズは、スマートフォンよりも小さいです。

その為、持ち出しに便利です。ポケットに入り切る大きさですし、重さや厚みも大した事なく、ポケットに入れた状態で座っても、ポケットは膨らみません。
ワイマックス通信機は、スマートフォンアプリを使って操作可能です。
ですから、WiMAX対応の通信機をカバンの中に入れ、その状態で使用する事も出来ます。

電器屋で、光回線の利用を始めないかと店員に声掛けをされました。ですが、私はWiMAXを使用していますし、勿論ですが、光回線を検討する事はありません。
店員にそう言うと、驚くべき事を言われました。

WiMAXだったら、天気が悪い日には使えなくなるでしょう?ただ、これまで3年間WiMAXを使用して来た上で、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。

強風で大荒れの天候の日もありましたが、WiMAXへの影響は何も見られませんでした。
評判のWiMAXではあるのですが、結構言われている事があります。

例として、通信速度が遅いだとか、そんな感じの悪い評判もあります。ですけども、WiMAXの通信環境は日々改善されています。
ですので、口コミの内容が全てとは言えない状況下にあります。

 

口コミでWiMAXについてあれこれ調べる場合、投稿日が古いほど信用性が下がると意識するようにしましょう。WiMAX通信に対応したデータ通信機器は、次々と新しいものが発売されます。個々によって機能が異なり、快適さも違います。その中においても驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売でしょう。

このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応し、以前はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。

 

WiMAXサービスの月々の料金ですが、驚く事に、契約先で料金が異なります。

具体的に言えば、Broad WiMAXの場合は最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は月額料金が値下げされます。
この他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が非常に安いですが、契約から25ヵ月目の月額料金は高額となります。

 

こう言った感じに、それぞれの契約先によって月額料金に特徴がありますから、それを分かった上で申し込み先を検討しましょう。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。
その訳としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が激しかったからです。そんな訳で、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。
合わせて、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限への対策が行いやすくなりました。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。

 

4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。

 

このテクノロジーによって、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、倍の220Mbpsになる訳なのです。その他にも、Bluetoothに対応していますから、Wi-Fiよりもわずかな電力でテザリングを行なう事が出来ます。
UQ WiMAXサービスの強みは、速度制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。

 

他社モバイルインターネットなら、速度制限が怖くて映画など視聴出来ません。問題ない事と言うと、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位でしょう。
そんな中で、WiMAXならば普通に映画が観れますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても問題ありません。
人気のWiMAXサービスではありますが、帯域制限に注意しましょう。
他社のモバイルインターネットサービスと比べると、そんなにWiMAXは厳しめな速度制限を設定していません。
とは言っても、速度制限が無い訳ではありませんので、ある程度気にした上でWiMAXを利用したいものです。

しかし、仮に速度制限になってしまったとしても、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの中でも、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開していて、そのラインナップの多さも人気の秘密です。

 

だけど、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される一番の大きな理由は、業界でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。尚且つ、保証内容もしっかりしているので、それが人気を支える大きな部分となっているのです。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応している地域が広がっています。
他には、au 4G LTEと言う通信機能はHWD15から踏襲し、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。
勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応してて、充電しながらの通信にも対応しています。

Powered by WordPress