オイラは長距離デリバリー

6月 11, 2016

店員さんに話をされました

Filed under: IT — タグ: — @ 11:31 pm

WiMAXのサービスを運営しているのプロバイダの中には、完全独自のキャンペーン特典が準備されているとこもあります。具体例を出すと、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合には、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。

DTI Club Offとは、全国各所にある宿泊施設やレジャー施設、更に、温泉施設やインテリアショップ、居酒屋や宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別な優待価格で利用する事が出来ます。

映画やミュージカル、美術館や展覧会など、書ききれないくらい対象となるサービスはバラエティー豊かですから、色んな人に価値を感じて貰う事が出来ます。

電気屋さんで、光回線に入りませんかと、店員さんに話をされました。WiMAXで満足している私ですし、当たり前の事ですが、光回線は不要です。

店員に対してそう言う回答をすると、想定外の答えをされました。

WiMAXだったら、強風の日とか使えなくなるでしょう?だけど、今までWiMAXを使用して来て、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。

強風で家が揺れる位の日もありましたが、WiMAXの通信環境に悪影響を及ぼす事はありませんでした。

WiMAXを利用する際に、注意すべき速度制限は二種類存在します。(GMOとくとくBB WiMAX 2+の評判とキャンペーン比較から)

 

先ずは、月間データ量による速度制限って言う、7G制限って言われているものがあります。二つ目が、混雑回避の為の速度制限と言われるものです。
ギガ放題プランに申し込むことで、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外となります。

しかし、混雑回避の為の速度制限は適用になります。
モバイルルーターを使ったインターネットサービスは、WiMAXの他にも色々なサービスがあります。具体例を出すと、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスがあります。

ぷららモバイルLTE速度制限が無いと言う話は間違いなくそうですが、3Mbps程度の通信速度でしか通信を行なう事が出来ません。

 

この通信速度って、速度制限時のWiMAXよりも低速になります。
そんな理由から、速度制限が無いと言うウリ文句ではありますけれども、WiMAXと比較すれば、速度制限状態が常に継続するようなものでしょう。WiMAXの機器の中においては、au 4G LTEと言うauの提供する通信回線を扱えるものもあります。

au 4G LTEは人口対応率99%と言う通信回線で、広いエリアで利用出来ます。
そればかりか、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますから、奥まった場所まで電波が行き届きます。
弱点としては、一度でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても通信制限が普通に適用されます。
UQ WiMAXの強みは、速度制限が厳し過ぎないと言うところにあります。
他モバイルインターネットサービスなら、通信制限が怖くて映画など見てられません。
平気な事と言えば、5分くらいの動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?ですが、WiMAXだったら普通に映画が観れますし、24時間インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。WiMAXサービスを導入した事により、私の生活は変わりました。最も大きかった事は、スマートフォン通信で7G制限を気にする必要がなくなりました。
Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマートフォンの通信量は浪費しなくなったのです。そう言う事から、スマホサイトに動画が設置されている場合であっても、気にせず普通に観れる状態になりました。
WiMAX通信に対応した機器は何種類か存在します。

WiMAX端末は新製品がどんどん登場し、WiMAXはどんどん多機能になっています。例えば、以前はWiMAX回線しか対応してなかったですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の両方にも対応するようになりました。

しかも、年々通信速度も速くなっています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された際も、通信速度が220Mbpsへと速まりました。Speed USB STICK U01はUSBサイズの小型なWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特徴のWiMAX機器です。
その仕組みですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、従来の倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
そして、Speed USB STICK U01と言うWiMAX機器はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますので、人口カバー率99%と言った広大な通信エリアに対応する事が出来ます。
Speed USB STICK U01はバッテリーを内蔵していませんから、USBポートから給電しつつ使用するタイプのWiMAX端末となります。

昨今のネット業界においては、モバイルインターネットも色々種類が出て、こちらの人気の高まりを感じます。
契約した建物内でしか使用する事が出来ない従来の固定回線とは異なり、非常に使い勝手が良いインターネットサービスと言えるのでは無いでしょうか?ですが、モバイルだとどうしても、どれだけ通信が安定するのか気になって来るところではあります。とは言え、最近はモバイルの環境が整備され、安定したインターネットを楽しむ事が出来るようになっています。って事で、無線を使っているからとバカには出来ません。利便性の高さが評判のWiMAXサービスではありますけど、帯域制限に注意しましょう。他のモバイルサービスと比べると、WiMAXの速度制限はある程度余裕を持たせています。

そうは言っても、速度制限が無い訳ではありませんので、不必要に通信し過ぎるのは要注意です。
ただ、速度制限が適用されてしまっても、動画位であれば、普通に見る事が出来ます。

 

WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中で、ちょっと変わっているのが3WiMAXと言うプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAX系統のものが殆どなのですが、3WiMAXの場合はKDDI系統のWiMAXサービスを提供しています。なんで、3WiMAXでラインナップされているWiMAX端末の種類が、他のプロバイダとは全く違います。具体的には、3波を束ねるキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBサイズのWiMAX端末となるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダではランナップされていません。

WiMAXサービスの提供元は、auの子会社のUQコミュニケーションズです。

従って、auに連携したサービスがいくつかあります。その中で代表的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスです。WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auの料金が安くなるサービスです。UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますけど、25ヵ月間の契約が基本です。と言うのも、25ヵ月間縛りの契約を結ぶ事によって、25ヵ月間の月額料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付くからです。加えて、申し込みから26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、結局、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。500円と聞くとそんなに大した金額ではありませんけど、値引きが適用されるのは毎月の事ですから、お得感は毎月重なって大きくなります。WiMAXサービスを利用して感じる利点は、いくらかある様に感じます。

最初に思い付くのが、無線なので、任意の場所でインターネットを行なう事が可能です。
次に思い付くのが、無線の通信回線ですので、ネット開通工事は行なう必要ありません。他にも、インターネットの回線工事は不必要と言う事で、安くインターネットサービスを導入する事が出来ます。はたまた、速度制限の規制が厳しくないと言う点も、WiMAX人気に通じる部分と言えます。WiMAXを取得すると、WiMAX端末しか使わないから、部屋の中がさっぱりします。

光インターネットだとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要があります。モデムは毎月レンタル料が必要で、毎月の使用料金に上乗せされます。加えて、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですが、無線カードを使用する月はレンタル料金を取られてしまいます。UQ WiMAXサービスに申し込むと、その利便性の高さにビックリさせられます。私がWiMAXと契約後に思ったのが、通信制限が厳し過ぎないと言うところです。私はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですが、速度制限のせいでイライラする事が無くなりました。
UQ WiMAXサービスにも速度制限はありますが、ギガ放題プランであれば気になるレベルじゃ無くなるのです。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つであるPEPABO WiMAXは、普段3種類のプランがあります。
28000円の高い現金キャッシュバックが貰える通常プランや、月額料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。加えて、ギガ放題プランを2年の間通常プランの月額料金で利用可能な料金プランがあります。
臨時的に、更に月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、これはいつもラインナップされている料金プランではありません。月額料金が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXってプロバイダが存在します。驚くほど月額料金が安いプロバイダですので、色々と制約を付けない中であれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダだと言えます。
だけれども、auスマートバリューmineに非対応ですから、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。はたまた、直接のユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していない為、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言う事になります。

 

UQ WiMAXではなくてKDDIのWiMAX端末として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点が強みのWiMAX端末です。これだけ速い通信速度を出す事が可能になる秘密は、WiMAX 2+とFD-LTEのキャリアアグリゲーションにあります。

この3種類の電波のCAですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を同時利用する事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を実現出来ていると言うわけなのです。
ですが、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っているショップには限りがあるので、利用出来るキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。

 

WiMAX端末は通常価格が20000円しますし、クレードルのセットで22750円も掛かります。

結構な金額となりますので、WiMAX契約の際の負担となってしまいます。そんな訳で、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。
プロバイダによってはクレードルセットでタダの所もありますから、そう言うプロバイダを選ぶと良いです。

WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をすると違約金を取られてしまいます。それほど長い契約期間になっていますので、しっかりとしたところと契約をしたい所です。

うっかり見落とされがちな部分が、それぞれの契約先のサポートセンターの対応です。

カスタマーサービスの受付日が平日だけだったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダも少なくないですから、しっかりと考慮してから契約を行いたいものです。ワイマックスと言うサービスがありますが、このインターネット通信サービスって、速度制限の規制がある程度緩い点が特長です。
そう言う理由で、一日中インターネットを行なう様なヘビーユーザーにすれば、コレ以上のモバイルインターネットサービスはないでしょう。
速度制限を気にしてられないと言う方は、検討してみるのも良いでしょう。WiMAX機器のサイズは、スマホよりもミニサイズです。ですので、邪魔になりません。ポケットに収まる大きさですし、重さや厚みは大した事なく、ポケットが膨らんでみっともなくなるような心配は無いです。

 

WiMAX通信機は、スマホアプリを使って操作をする事が出来ます。

その為、WiMAXルーターをカバンの中に入れ、そのまま使用することが可能です。
WiMAXのサービスを取り扱うプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダがあります。

 

このプロバイダが提供するWiMAXサービスなのですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う部分が特徴的です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスです。
月額500円掛かる有料サービスですから、6000円分のお得感があると言えるでしょう。

nifty WiMAXでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。対象となるWi-Fiサービスなのですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。

その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を使用する事が可能になります。
WiMAX端末を所持してなくても利用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良いので、凄く人気のあるサービスとなっています。WiMAXを取り扱うプロバイダの一つに、Broad WiMAXってプロバイダがあります。

 

Broad WiMAXの特色としては、月額の使用料金が安い点があります。

その分初期費用が高いのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用が無料になるキャンペーンが行われています。

 

契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダですから、長く契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。
WiMAXのサービスの中でも、最もサポート体制がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対する情報を最も持っていますし、問題が起きた際の対応も最も早くて的確で、サポート対応時間も最長なのです。

しかしながら、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容が今ひとつですから、代理店と契約を行なうと言う方法もあるのです。
代理店ならキャンペーンの中身がある程度充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応地域が広がっています。
更に、au 4G LTEと言う機能はHWD15から受け継ぎ、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応していて、充電しながらの通信にも対応しています。WiMAX通信を行なう為の機器は、常に進化を続けています。際立って、通信速度の向上が目まぐるしく、現時点で、220Mbpsもの通信速度が最大で出せます。

 

とは言うものの、ここのところは通信速度より、通信量がどれだけ達したかについて気に掛けられる傾向があるようです。新型WiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。その訳は、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限、これが以前と比べて厳しくなったからです。そう言う事で、製造会社及び使用者的には、ここに対しての関心事が高まっているのです。

 

Powered by WordPress