オイラは長距離デリバリー

6月 10, 2016

WiMAXサービスを運営しているプロバイダの間でも

Filed under: IT — タグ: — @ 10:58 pm

UQ WiMAXではなくてKDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う部分が強みのWiMAX端末です。こんなに速い通信速度を出す事が出来る理由は、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションにあるのです。
この3種類の電波を使用したCAですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を1つに束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を達成出来ていると言うわけなのです。
だけども、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売しているショップには限りがある為、選択出来るキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。(情報元:ギガ鬼安こと月額割引キャンペーンがWiMAXで評判なワケは?

WiMAXサービスを運営しているプロバイダの間でも、ちょっと変わっているのが3WiMAXと言うプロバイダです。WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAXの系列のものが大半なのですが、3WiMAXはKDDI系列のWiMAXサービスを取り扱っています。なので、3WiMAXには提供されているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全く異なります。
具体的には、3波を束ねるキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBサイズのWiMAX端末となるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系統のプロバイダにはランナップされていません。WiMAXユーザーのメリットとしては、無線通信を行なう事が出来ると言う点が一番大きいです。

 

無線を使いますから、どこにいてもインターネットに接続する事が可能となります。
加えて、WiMAX機器は小型ですから、携帯性に優れています。
そう言う部分を考慮すると、タブレットとの相性が良いです。
そう言う理由で、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダもあります。
WiMAX端末は、機能向上されたものがラインナップされ続けています。例えば、通信速度の向上が際立って、今の時点で、220Mbpsと言う脅威の通信速度を叩き出しています。

 

ですが、ここのところは通信速度より、通信量の方が重要視される傾向にあるようです。新しいWiMAX端末のWX02やW02も、WX01やW01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されています。

その理由は、混雑回避の為の速度制限、これが頻繁に課されるようになったのです。
そう言う訳で、製造会社及び使用者的には、新製品に搭載する機能も変わって来たのです。
新たにWiMAXサービスを導入した事で、私の生活は大きく一変しました。一番大きかった事は、スマホで7G制限を気にする必要がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマートフォンで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。

そう言う事から、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合でも、気にせず普通に観れるようになりました。

UQ WiMAXサービスに申し込むと、その機能性の高さにビックリさせられます。
私が契約後に思ったのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。
自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですけど、速度制限のせいでイライラする事が無くなりました。

UQ WiMAXにも速度制限はありますが、ギガ放題プランであれば気になるレベルでは無くなるのです。WiMAXの端末の中には、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線に対応しているものもあります。
au 4G LTEは人口カバー率99%と言う通信回線で、広いエリアで繋がります。

合わせて、800MHzのプラチナバンドを使っていますので、奥まった場所にまで電波が行き届きます。

一方で、一回でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が普通に掛けられます。
月額料金の安いWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXが挙げられます。びっくりするほど月々の費用が安いプロバイダですから、あれこれ制約を付けないのであれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダであると言えます。

だけれども、auスマートバリューmineには非対応ですから、auにてスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。合わせて、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までしか対応していない為、そう言う点においても注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。WiMAXを購入すると、WiMAX端末しか使わないから、部屋の中がさっぱりします。光回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要性があります。モデムは月々レンタル料金が必要で、月額料金に上乗せされます。そして、モデムに無線カードを差し込むと言う事も出来ますが、無線カードを使用する場合はレンタル料金を取られてしまいます。

 

WiMAXを利用する時、注意する速度制限は二種類あります。まず、月間データ量による速度制限と言われる、7G制限って言われているものです。二つ目が、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものがあります。ギガ放題プランで契約することで、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外となります。ただ、混雑回避の為の速度制限は適用範囲になります。

WiMAXの契約先となるプロバイダは、いくつか存在します。

契約先となるプロバイダ毎にキャンペーンに違いがありますから、その辺、気を付けましょう。

 

一例ですが、月額料金を最安値で利用したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+の鬼安キャンペーンがお薦めです。こう言った風に、各プロバイダでお得感は異なりますから、しっかりとしたプロバイダを選ぶようにしましょう。

 

WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中では、完全独自のキャンペーン特典が用意されているとこもあります。

例を挙げれば、DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が付いて来ます。

DTI Club Offとは、全国各地にある宿泊施設やレジャー施設、その上、スポーツクラブや温泉施設、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別優待価格で使用する事が可能です。
映画のチケットやミュージカル、美術館や展覧会など、書き尽くせない程対象となるサービスはバラエティー豊かですから、色んな方に価値を感じて貰う事が出来ます。UQ WiMAXサービスには色々な料金プランがありますけど、25ヵ月間の契約が基本です。なぜならば、25ヵ月間継続の契約をする事で、25ヵ月間の月々の使用料が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。それに、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適応になる為、結果、ずっと500円割引きされた態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。500円と聞くと大した金額ではありませんけど、値引きが適用されるのは毎月の事ですから、リーズナブル感は積もり積もって大きいものとなります。

PEPABO WiMAXと言うプロバイダには、普段は3種類の料金プランがあります。28000円の高額な現金キャッシュバックが受け取れる通常プランとか、WiMAXサービスの月額料金が低価格な通常プランとなる月額割引プラン。加えて、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。臨時的に、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランがラインナップしている事もありますが、タイムセールはいつもラインナップされている料金プランではありません。

WiMAX通信を行なう事の出来る専用の端末は、いくつか種類があります。
WiMAX端末は新製品がどんどん登場し、WiMAX端末の持つ機能はどんどん強化される一方です。例を挙げると、WiMAX端末にWiMAX回線以外のWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も使用可能となりました。しかも、通信速度が毎年速くなって来ている点も挙げられます。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された際も、通信速度が倍に向上しました。インターネットサービスの契約をしようと今の業界を調べてみましたが、モバイルインターネットサービスのラインナップがどんどん増えています。

使える場所が予め決まっている固定回線とは違うので、利便性が格段に上がります。

とは言えどもモバイルですから、不安定さを感じる方もいるでしょう。しかしながら、昨今のモバイルの状況は進んでいますから、通信状況は安定しています。

ですから、無線だからと言っても、使い勝手は悪く無いです。
WiMAXサービスの契約の際は、料金プランの選択が必要です。プロバイダ毎に少し異なるものの、ざっくりと2種類の料金プランに分類する事が出来ます。その料金プランは何かと言うと、ギガ放題プランと通常プランと言う料金プランです。
ギガ放題プランを選ぶと月額料金が少し高くなりますが、思う存分通信を行なう事が出来る料金プランです。

対して、通常プランは安いと言うメリットがあるものの、速度制限の規制が厳しいと言う点が気になる料金プランです。

 

自分が1ヵ月でどれくらいの通信を行なうか照らし合わせて、どちらか片方の料金プランに決めましょう。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事です。このテクノロジーにより、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsになる訳なのです。
合わせて、Bluetoothに対応していますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が出来ます。
nifty WiMAXでWiMAXの契約を行なうと、Wi-Fiサービスを無料で使用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。

対象のWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。

その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能となります。WiMAX端末が手元になくても使用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良くなりますので、とても評判の良いサービスとなっています。周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、そんなにハードなものではありません。

 

ギガ放題プランへ申し込めば、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がないです。

また、混雑回避の為の速度制限の時も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。通信制限の時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さはキープされます。利便性の高さが評判のWiMAXサービスではありますけど、速度制限に関して注意が必要です。他のモバイルインターネットサービスと比べると、WiMAXの速度制限はある程度余裕を持たせています。けれども、通信し過ぎると速度制限は適用されてしまいますから、ある程度気にした上でWiMAXを利用したいものです。ただ、速度制限の対象内となった場合にも、YouTubeの動画位なら普通に観れる通信速度は確保する事が出来る様にはなっています。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。何故かと言うと、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリー消費が激しかったからです。ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに搭載されました。

更に、三日間の通信使用量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対応が取りやすくなりました。
WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+と言うプロバイダが存在します。

このプロバイダが展開するWiMAXサービスなのですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。このセキュリティサービスなのですが、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスです。

本来は月々500円のサービスですから、6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。
WiMAXサービスと契約を申し込む時、様々なキャンペーン特典が付いて来ます。

中でも便利なのは、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスです。UQ WiMAXの場合はUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言ったようなものです。どんなプロバイダと契約をしても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。WiMAX端末は通常価格が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円も掛かります。
それなりの価格となりますので、WiMAX契約の際の足かせになってしまいます。

ですから、それぞれのプロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントキャンペーンを行っています。

 

プロバイダによってはクレードルセットでタダの所もありますので、そう言うプロバイダを選ぶとベストです。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX機器です。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載して、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比較すると、一回り広いエリアでの通信を行えます。そして、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の大きな違いと言えます。
WiMAXサービスの月額料金ですが、実際の所、契約先で料金が異なります。

具体例を挙げれば、Broad WiMAXの場合、最初に高い初期費用が掛かる代わりに、契約期間は月額料金が割引きされます。そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が大幅に安いですが、契約から25ヵ月目の月額料金は高くなります。
こう言った様に、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを分かった上で契約先を決めましょう。
WiMAX機器の大きさは、スマートフォンよりも小さいです。

ですから、持ち運びするのに便利です。ポケットからはみ出さない大きさですし、重さも厚みも大した事なく、ポケットが膨らんでみっともなくなるような心配は無いです。ワイマックス端末は、スマートフォンアプリを使って操作可能です。

 

そう言う理由で、ワイマックスルーターをカバンの中に入れ、そのまま使う事も可能です。

 

WiMAXを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言うプロバイダが存在します。Broad WiMAXの特色には、月額料金が安い部分が挙げられます。
それだけ初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが行われています。

契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダなのですから、長い期間契約を続ける人にとってお勧めのプロバイダです。WiMAXと言うインターネットサービスの提供元となるのは、auの子会社になるUQコミュニケーションズなのです。
ですから、auに連携したサービスが複数あります。その中でも代表的なものが、auスマートバリューmineと言うサービスです。WiMAXサービスの契約を行った後にauショップで手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が安くなるサービスとなります。

Powered by WordPress