オイラは長距離デリバリー

6月 7, 2016

WiMAXサービスの契約先の中には

Filed under: IT — タグ: — @ 9:21 pm

評判のWiMAXに関する口コミサイトを見ていると、ポジティブな意見ばかりではありません。

 

一例ですが、全然実用レベルではないだとか、そう言った否定的な口コミもあります。


とは言うものの、WiMAXの基地局の数は年々増えています。従って、実際の状況と口コミの内容は、異なる事が多いです。

口コミでWiMAXについてあれこれ調べる場合、出来るだけ新しいクチコミを確認するようにしましょう。

 

最近は、WiMAXサービスの契約先の中には、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。

例として挙げると、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を用意しています。その他、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日の保証制度を導入しています。どっちの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。WiMAXのサービスは25ヵ月間の契約が基本になっていて、途中で解約をすると違約金を取られてしまいます。

そんな長期契約期間になっていますから、きちんとしたところと契約をしたい所です。意外と見落とされがちなのが、各申し込み先のサポートセンターの応対です。コールセンターの営業日が平日だけだったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダも少なくないですから、きちんと判断してから契約を行いたいものです。

ここ最近のインターネットサービスの動きを見ていると、モバイルインターネットも色々種類が出て、こちらの人気の高まりを感じます。
契約した建物内でしか使えないと言った従来の概念とは異なるので、利便性が格段に上がります。とは言えどもモバイルですから、問題無くインターネットの通信が行えるのか気になる部分はあります。

ですが、昨今のモバイルの状況は進んでいますから、安定したインターネットを楽しむ事が出来るようになっています。と言う事で、モバイルとは言えども、侮れないです。WiMAXと言うネット通信サービスなのですが、このネット通信サービスって、速度制限の規制がある程度緩い点が特長です。(Broad WiMAXの月額最安プランは本当にお得!?より抜粋)

 

なので、一日中インターネットを行なう様なヘビーユーザーにすれば、ワンプッシュ出来るモバイル環境と言えます。通信制限を考えたくないのならば、検討事項にしてみても良いでしょう。
PEPABO WiMAXには、通常3種類のプランがあります。
28000円の高額な現金キャッシュバックが貰える通常プランや、月額料金が低価格な通常プランとなる月額割引プラン。

 

その他、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランが存在します。
ちょこちょこ、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、タイムセールはいつもある料金プランではありません。
月額料金の安価なWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが挙げられます。びっくりするほど月額料金が安いプロバイダですから、あれこれ制約を付けないのであれば、業界で最も安いWiMAXのプロバイダであると言えます。
ですけれども、auスマートバリューmineに非対応ですから、auでスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。

それに加えて、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までのみ対応しているので、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約を行なうと、Wi-Fiサービスをタダで使用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。

 

キャンペーンに対応するWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を使用する事が可能になります。

WiMAX端末を所持してなくても使用する事が出来ますし、通信制限も気にしなくて良くなりますので、とても評判の良いインターネットサービスとなっています。
WiMAXのサービスを取り扱っているプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。このプロバイダが展開しているWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。
So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスとなります。月額500円掛かる有料サービスですから、金額的に6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。

 

WiMAXサービスの提供元は、auの子会社となるUQコミュニケーションズなのです。ですから、auに連携したサービスが複数あります。

 

その中でも代表的なものが、auスマートバリューmineなんです。WiMAXサービスの契約を行った後にauショップにて手続きを行なうと、auの料金が安くなるサービスです。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能を搭載し、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比較すると、一回りほど広範囲での通信に対応しています。他にも、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の大きな違いと言えます。

WiMAXサービスを提供するプロバイダの中に、Broad WiMAXというプロバイダが存在します。
Broad WiMAXの強みには、月額の利用料金が安い点があります。その分初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが行われています。契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダなのですから、長く契約を続ける人にとってお勧めのプロバイダです。WiMAXを契約すれば、その機能性の良さに驚かされます。

 

私がWiMAXと契約後に感じたのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。

 

私はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なのですが、帯域制限のせいでイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXにも通信制限はありますが、ギガ放題プランで契約すれば気になるレベルでは無くなるのです。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。その訳は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからです。そんな訳で、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに導入されました。なおかつ、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限への対策が取りやすくなりました。
UQ WiMAXのサービスには色々な契約プランがありますが、25ヵ月間に渡る契約が基本です。なぜかと言うと、25ヵ月間縛りの契約を結ぶ事で、25ヵ月間の月々の料金が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
また、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、結局のところ、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。
500円と聞くと大した金額ではないですが、値引きが適用されるのは毎月の事ですので、お得感はどんどん積もり積もって大きくなります。WiMAX通信を行なう為の端末は、日々性能が上がって来ています。
際立って、通信速度の向上が際立って、今の時点で、下りの最大通信速度は220Mbpsも出ます。
ただし、近頃は通信速度よりも、通信量がどれだけ達したかについて気に掛けられる傾向があるようです。
新しいWiMAX機器のWX02やW02も、WX01やW01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。
その理由は、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーを対象にした速度制限、この適用が運用されるようになったからです。だから、メーカーやユーザー的には、優先度が変化して来たのです。
確かにWiMAXには速度制限がありますが、そんなに厳しいものではありません。ギガ放題プランへ申し込めば、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はありません。
混雑回避の為の速度制限の際も、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を利用する事が出来ます。帯域制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が可能な通信の速さは維持されます。
WiMAX機器は、年々新しいものが発売されています。

 

それぞれによって機能が異なり、快適さも異なります。そんな中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の登場です。

このWiMAX機器はau 4G LTE通信に対応し、当時はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲を広げる事が出来ました。
WiMAXの機器の中には、au 4G LTEと言うauの通信回線を扱えるものもあります。
au 4G LTEは人口対応率99%と言う利便性の高い通信回線で、広大なエリアで繋がります。

 

それに、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますので、奥まった場所にまで電波が行き届きます。弱点としては、一回でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が適用されます。
WiMAXサービスと契約を行う時、様々なキャンペーン特典が付与されます。

特にお勧めなのが、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスでしょう。UQ WiMAXであればUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。

どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、数多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスです。

WiMAXを使用する時、注意すべき速度制限は二つあります。
一つ目は、月間データ量による速度制限、俗に言われる7G制限と呼ばれているものが存在します。二つ目が、混雑回避の為の速度制限って言われるものです。

ギガ放題プランに申し込むことで、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除されます。しかし、混雑回避の為の速度制限は適用されます。WiMAX端末は通常の値段が20000円しますし、クレードルのセット販売で22750円もします。

 

結構な価格となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなります。ですので、各プロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています。
プロバイダによってはクレードルとセットでタダの所もありますので、そんなプロバイダを選択するとベストです。
WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中でも、評判のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っていて、そのラインナップの多さも評判な理由です。

だけども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな理由は、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。尚且つ、保証内容もしっかりしているので、それが人気を支える大きな部分となっているのです。WiMAXサービスを利用して感じる利点は、複数思い浮かびます。

一点目が、モバイルの通信規格と言う点で、どこにいてもインターネットにアクセスする事が出来ると言う点です。

 

続いて考えられるのが、無線の通信回線ですので、インターネット開通の為の回線工事は行なう必要がありません。

加えて、モバイル回線って事で、月額料金が安くなると言うメリットもあります。

 

他にも、速度制限が緩い点も、WiMAXのメリットと言えるでしょう。
WiMAXサービスの月額利用料金ですが、驚いた事に、契約先によって料金が異なります。

具体例を出すと、Broad WiMAXの場合、初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が割引きされます。

他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですけど、契約から25ヵ月目の月額料金は高額になります。

 

こう言った様に、それぞれの契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを把握した上で申し込み先を決めましょう。

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載して、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事です。
そのテクノロジーにより、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言う速度から、倍の220Mbpsになるのです。

また、Bluetoothと言う機能にも対応していますから、Wi-Fiよりもわずかな消費電力でテザリングをする事が出来ます。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを搭載して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応しているエリアが広がっています。重ねて、au 4G LTEと言う機能はHWD15から受け継ぎ、広大なエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。

当然、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台に対応していて、充電しつつの通信も可能です。WiMAX通信の出来る端末の大きさは、スマホよりもミニサイズです。
ですから、邪魔になりません。ポケットからはみ出さない大きさですし、重さや厚みも大した事なく、ハンカチと一緒に入れても大丈夫です。

ワイマックス通信機は、スマートフォンアプリを使用して操作可能です。そう言う理由で、ワイマックス通信機をカバンの中に入れ、そのまま使使う事も出来ます。近年のWiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末もラインナップしています。au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用して、人口カバー率が99%を超える、かなり受信しやすい通信回線です。800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドで、物質があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった位置まで電波が届きやすいです。今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応している地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大しています。UQ WiMAXを手に入れると、WiMAX端末しか使わないので、部屋の中がすっきりします。
光インターネットだと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要性があります。
モデムは月々レンタル料金が掛かり、月額使用料金に追加課金されます。

 

一応、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますが、無線カードを使用する月はレンタル料金を請求されてしまいます。

 

 

Powered by WordPress