オイラは長距離デリバリー

12月 10, 2018

石炭ってどれくらいの種類があるのか

Filed under: その他 — タグ: , , — user032 @ 11:27 pm

石炭ってどれくらいの種類があるのでしょうか。
石油に主役の座が変わるエネルギー革命より前は代表的なエネルギーでした。

そんな石炭ですが、実は石炭といってもいろいろな種類があります。
石炭は使用されていないのではなく、今でも石炭は使用されていています。
エネルギーの主役の座が石油などにとって代わられただけなのです。

一般的な石炭は瀝青炭(れきせいたん)といいます。
かつては日本でも多く産出されていました。

瀝青炭より品質が良いのが、無煙炭で最も炭化が進んだ石炭です。
その名の通り燃焼時の煙が少ないのが特徴です。
石炭というと蒸気機関車のイメージがあり、黒い煙をモクモクと立てているイメージがありますが無煙炭はちょっと違うようです。

無煙炭よりちょっと劣るがの半無煙炭です。
セメントを生成する時などに使用されます。

次は瀝青炭より劣るの石炭を見てゆきます。
瀝青炭よりちょっと劣るが亜瀝青炭です。
着火性や熱量があるのが特徴で、日本でも産出されていた石炭です。

石炭としての品質が劣るのが褐炭です。
水分を含んでいて、練炭などに使用される石炭です。

亜炭は一般家庭の燃料として使用されていた石炭です。
炭化が十分されたいない石炭です。
日本でも多く産出されていました。

最後は泥炭です。
その名の通り泥上の炭です。
ピートとも呼ばれています。
泥炭は燃料で使用されることはほとんどなく、今では脱臭剤などに加工されています。

このように、石炭といってもたくさん種類があり、使用目的も多岐に渡っていますエネルギー以外にも使用されています。
プロパンガスの会社を乗り換えるには

Powered by WordPress