オイラは長距離デリバリー

8月 9, 2018

コラーゲンとヒアルロン酸との関係

Filed under: 健康,生活 — user367 @ 5:28 pm

ヒアルロン酸やコラーゲンは、お肌によく、健康づくりにも役に立つ成分だと言われています。関節の痛みを軽くしたいという人は、保湿にいいというコラーゲンとヒアルロン酸を共に使っていたりします。

使い方が似てはいますが、コラーゲンと、ヒアルロン酸とは、体に及ぼす影響が違います。細胞同士のつながりをスムーズにする効果が、コラーゲンにはあります。ハリのある、しっとりした肌を維持する効果があります。たんぱく質は人体の主要な構成要素ですが、コラーゲンはそのうち30%です。体の各所に存在するヒアルロン酸は、グループ分けとしては糖類になります。ヒアルロン酸が1gあれば、6リットルの水を保つことができると言われており、保水力の強さで知られています。肌の問題が起きるのは、ヒアルロン酸が肌から失われた時だと言われています。ヒアルロン酸は、網のように広がっているコラーゲンの間に挟まるような形で、皮膚の中にはあると言われています。コラーゲンがヒアルロン酸を支えていることで、肌には十分な水分が保たれます。皮膚のを形成しているものにコラーゲンとヒアルロン酸が関わっていることが、肌のしっとり感をつくっています。関節のクッション部分である軟骨にも、コラーゲンとヒアルロン酸は役目を果たしています。関節の曲げ伸ばしに痛みが生じる関節痛は、コラーゲンやヒアルロン酸不足で、軟骨がすり減るために起きます。これらの要因から、ヒアルロン酸とコラーゲンが関節痛に推奨されるのです。
http://www.dvbsbridge.com/

Powered by WordPress