オイラは長距離デリバリー

5月 17, 2017

楽天カードならつくれるだろうと慢心した結果

Filed under: 金融 — user167 @ 10:31 pm

楽天カードは審査がゆるいと評判でブラックでもつくれるらしいから大丈夫って慢心してましたが、みごとに審査落ちしました。さすがに任意整理歴があるとクレカはなかなかつくらせてもらえないね。

もしかして、ブラックリストにある?確認やる方法は?仮に今まで一度も支払いの遅刻をした事がないと予測して、クレジットカードの作りたて発注やローンの審査に落ちた時折、あなたの報道がブラックリストに載せられて要る公算が潜んでいらっしゃる。

美しく耳にするブラックリストというコメントですが、正確に言うとそんな便覧はありません。

クレジットカードを協定したり、何かのローンを組む場合にリピーターですあなたの報道が「信用情報cic機構」という所に申請されます。

こういう「信用情報cic機構」は大きく分けると「銀行系」「サラ金繋がり」「信販組織繋がり」です。

そこに破産や支払いが規定期間滞っていらっしゃる状態になったケース「事故情報」として申請されます。

これは通称「ブラックな報道」とされ、こういう事故情報が登録されている事を、ブラックリストに載るなどと一般的にいわれるようになり、ブラックリストというコメントが出てきました。

自分に身に覚えがまるっきりなくても、同姓同名など金融組織の事務的な申し込み思い違いでブラックリスト入りしてしまっていらっしゃる事もあるそうです。

そこで、自分の信用情報cicがどうなっているのかを念のために確認しておくことで安心できます。

詳しくは楽天カードの審査落ちの原因って何?に信用情報の仕組みが書いてあります。

まずは、自分が今もって要るクレジットカードの組織やローンを組んだ組織や銀行などの信用情報cicを開示してください。

直接的出向いて開示してもらえば速いのですが、遠方など郵便でのコミュニケーションも可能です。

また、自体ではなく嫁や所帯など人様も頼む事は可能なのですが、報道を受け取れるのは信用情報cic機構に登録されている自体のみです。

これらの報道を確認して、身に覚えがなくブラックリストにある場合は、直ちにそれぞれの金融店頭に掛け合い、ファクト確認をください。

定期的に敢然とチェックしておくとそういった思い違いなども発見し易いですし、無駄に審査に落とせるということも干上がるのでいいことだ。

Powered by WordPress