オイラは長距離デリバリー

11月 18, 2015

アパートを建てた場合、建物管理に費用が

Filed under: 不動産 — @ 5:19 pm

木造住宅をはじめとする建物を解体した後、コインパーキング業者に
土地を貸しておくという活用方法は意外と知られていません。

アパートを建てた場合、建物管理に費用がかかりすぎたり
家賃滞納にも頭を悩ませる日々が続いたりします。

リスクが少なく、コインパーキング業者に土地を貸し、
一時使用駐車場用地賃貸借契約を締結して、
地代を得るパターンの場合、
どのようなことに注意したらよいのでしょうか?

まず、コインパーキングを運営管理する目的で、
契約書を取り交わす場合、ほとんどの会社が、
以下のような条件を提示してきます。

・契約期間:2年(または1年、3年、半年というケースもある)
一年毎の自動更新

・中途解約:当初2年(例:1年契約なら1年)以内の解約は、
解約を申し出た方が、解約金(例:月額賃料相当額×◎カ月分)
を支払う。駐車機器の撤去費用も支払う。

・当初の契約期間を過ぎて解約する場合:
解約金なし。機器の撤去費用は運営業者。

・舗装:地主がするする場合と、業者がする場合があるが
双方の話し合いで決めることがある。業者によってまちまち。

細かな点は、運営会社によって微妙に違うので、
契約前に十分確認しておきたいものである。

特に、中途解約、満期解約、清掃、場内トラブル等は
念入りに質問したいところですね。

次回は、コインパーキング業者に土地を貸す場合の
駐車場オープンまでの流れを解説しますね。

http://木造解体.xyz/

 

Powered by WordPress