オイラは長距離デリバリー

2月 13, 2017

司法書士の先生にはお世話になりました

Filed under: 金融 — user167 @ 9:08 am

司法書士の先生に借金の相談に行ったときは自己破産か、それとも債務整理することになるかとビクビクしてましたが、契約書を見て借金は時効にできるのか調べてみましょうって言われたときにはポカンとしてしまいました。

クレジットカードを使って未払いになっている場合に、時効にしようと思うと時効の援用をしないといけません。

借金時効援用は、時効を通じて利益を手にする自分つまり、クレジットカードでの支払いを怠っている自分、クレジットカードで10前の借金をしている自分が、時効が成立したことを債権人に主張することです。

掟の決める時効期間が経過しただけでひとりでに時効の威力が発生するものじゃないのです。

掟のち、借りていらっしゃる自分が時効を援用しない限りは時効は成立しません。

債権人に時効になったということを援用して初めて時効が成立して、支払いがなくなるのです。

クレジットカードでの時効は、サラ金などの10前の借金と同様に5階級と決められています。

また、それぞれなど個人に経費の借りたときの時効は10階級と定められています。

時効は期間が経過するだけではならないんですね。

時効の援用をしないと時効にならないことがわかりました。

借金時効援用は、法廷ですることもできますし、法廷外部も主張することが可能です。

なお、借金時効援用は、時効を主張した人だけに与えられます。

主張しないものにあたってまで時効は成立しませんのできちっと時効の時代を間違えないで債権人に表明することが重要になります。

時効前に主張しても勿論認められません。

時効をちゃんと主張するには掟のプロに相談するのもいいかもしれませんね。

詳しくは消滅時効をわかりやすく解説!を見ると分かるかな。

Powered by WordPress